尽きない太陽発電のトラブル


環境のことを考えて、最近では一般家庭でも太陽光発電を設置しているところが多くなっています。

設置費用はたくさん必要になりますが、その分太陽の光を使って電気を作り出すことができるので、環境に優しいと言うことだけではなく、電気代を節約することもできるというメリットがあります。

しかしたくさん設置されていく中でいくつかのトラブルが発生しているというのも事実です。

最近では固定買取制度が施行されたり、売電価格が高額に設定されたと言うことで、このシステムの普及はめまぐるしくなっています。しかしそれと同時に契約を行った後のクレームなどのトラブルも増加傾向にあります。

工事を行う業者の中には悪質なところもあるので、事前にしっかりと知識を頭に入れておくことが大切です。

その中で具体的にはどのような問題が発生しているのかというと、訪問販売によって契約を行った太陽光発電システムの解約トラブルであったり、クーリングオフや違約金などの相談が多くなっています。

なぜこのような太陽光のトラブルが発生してしまうのかというと、それは営業担当者の説明不足であったり、契約者の認識違いなどがあげられます。このような問題を発生させないためにも、事前に発生する可能性のある問題をしっかりと把握しておくことが大切です。このほかには契約に関するクレームなどもあります。

これは太陽光発電システムのトラブルの中でも最も多いものとなっています。また設置や工事に関する問題もあります。そのなかでもとくに設置をした後の問題がたくさん発生しています。

発電量であったり工事内容、このほかには現地調査を行った後に発生する追加費用に関する問題が多くなっています。トラブルはいつどこでどのような形で発生するかわかりません。したがって万が一に供えることが大切です。

どのような対処を行ったらいいのかと言うことを、業者としっかりと話し合うことが非常に大切となります。そして自分の屋根にあった方法で太陽光発電を設置することが大切です。

太陽光発電のトラブルと対処法

太陽光発電システムの導入が多くなっていますが、その人気もめまぐるしいものがあります。

システムを導入している人が多くなっていますが、それに比例してトラブルが多くなっているという背景もあります。実際にどのようなトラブルが発生しているのかというと、契約に関するものと業者側の説明不足によるもの、そして施工業者の技術的なトラブルとなっています。

→トラブルにあう前に太陽光発電の保守・点検サービスに加入しておきましょう

したがってこのような問題を回避するために、優良な業者を選ぶことが大切になります。契約に関する問題ですが、太陽光発電を導入する際には、業者に依頼をして施工や導入という流れとなっています。

しかし本来の商品価格よりも高い値段で売りつけられるというようなこともあります。

また太陽光発電を導入する際によりよりシステムを設置したいと考える人が多くなっています。

しかしこのときに業者側からしっかりとした説明を受けていないと、説明不足による問題が発生する可能性が高くなります。考えているよりも発電量を得ることができずに電気代の削減ができなかったり、故障や部品交換が必要になったなどの問題が発生しています。

発電量に関しては、施工する屋根の形や角度によって異なっているので、導入の前にしっかりとシミュレーションで確認しておくことが大切です。

また工事に関しては、施工業者の技術がシステムの導入を大きく左右していると言っても過言ではありません。

導入後にトラブルが発生するというのは、施工業者の施工がしっかりと進められずにそこで不具合や問題が発生するというケースになっています。ここでとくに問題となっているのが、雨漏りや反射光の問題です。

このようなさまざまなトラブルを回避するためには、信頼できる業者を探すことが大切になります。

そのためには契約前にしっかりと説明をしてくれる業者や、丁寧な説明をしてくれる業者を自分自身で選ぶ必要があります。

そこでたくさんの設置業者の中からどこに任せればいいのかを判断するために、一括見積もりサイトを上手に活用するのが一つのポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です