太陽発電の補助金申請の流れ

最近では企業だけではなく家庭でも太陽光発電を導入するところが多くなっています。

その中で国や自治体からの補助金を受けることができる制度があります。このような理由から全国で太陽光発電を導入している人が多くなっています。補助金の申請に関しては個人だけではなく企業でも行うことができます。

したがって土地の有効活用を行うことができます。

実際に補助金の申請をする際には、まず申込書を提出します。この申し込みを行った日が期限を過ぎていると言うことになると、無効となるので注意が必要です。

申し込みが受理されるとその内容の通知書が送られてくるようになっています。

しかしこの時点では工事に着工していると言うことはありません。基本的には受理が決定してから工事の着工をするというのが多くなっています。また設置工事期間中は各段階で証拠となる写真が必要になることもあるので、写真を撮っておくようにします。工事期間は7ヶ月以内となっています。

よほどの事がない限りこの期限が守られないと言うことはありません。また電力系統の接続が終われば、補助金交付申請書の提出を行います。ここには工事完了報告書も含まれています。

また補助金交付決定通知書が送られてくるようになっているので、この段階で受領ができるようになっています。これらの手続きに関しては全て自分で行わなければいけないと言うことはありません。

多くの場合設置を行っている工事業者が手続きを行ってくれるようになっています。太陽光発電が稼働し始めた際には、基本的にメンテナンスを行わなくても毎月売電料金が入ってくるようになっています。

実際にどのようなお金の流れになっているのかは、契約を行う前のシミュレーションで確認をするようにします。補助金の申請をする際の目安になったり、天候や季節による発電状況を把握することができます。そして複数の業者に見積もりを出してもらうことを忘れないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です