太陽光発電のメリットとは何か

太陽光発電とはソーラーパネルを太陽光に向けて設置することで太陽エネルギーを直接に電力に変換することができる発電システムを言います。

ソーラーパネルは太陽電池で作られていて屋根などに設置することで太陽光から受けたエネルギーを家庭で使用することができる電気に変換でき、余った電力は電力会社に買い取ってもらえるようになっています。

このシステムは石油や石炭を使わないので地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しないというメリットを持っています。

自宅でいわば自家発電が行えるので電力需要時間の電力の削減効果を持つもので省エネに貢献します。
中には売電収入を得られる場合や蓄電池を利用してそれを自宅で使うといった方法も取れます。

住宅を断熱材を多く使って高気密・高断熱仕様にしておくことで暖冷房負荷を減らせることができ、毎月の電気料金、しいては年間の電気料金を大幅に減らせることができます。

広葉樹などの樹木が近くに多くある場合には屋根のソーラーパネルに積もった落ち葉を取り除く必要はありますが、これといって煩わしいメンテナンス作業は必要ないとされています。

太陽光発電を行う場合には初期費用も多く必要になりますが、これに関しては国や地方自治体から補助金を受けることが出来ます。もちろんすぐには返済することはできませんが、月々余った電力を電力会社に売ることでその収入の中から返済して行くことが出来ます。

蓄電池を利用する場合にはもし自然災害などで停電に見舞われた場合にも電気を通常通り使用することが出来ます。
有害な排出物を出さないということでクリーンエネルギーとされ健康にも良いものです。使われている部品や機器はリサイクル利用が行えて無駄にならないと言えます。

もし途中で一部が不具合を起こしたり破損などが生じた場合にも普通は10年とか15年の保証が付いているので安心できます。

自然災害時や停電時には補償がつきその期間の延長などのサービスも充実したものがあります。このように太陽光発電にはメリットも多いものです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です