太陽光発電はンテナンスフリーではない

少し前までは、太陽光発電に関してはメンテナンスフリーということが主張されていました。

実際に販売施工業者や営業担当の人からもこのような言葉を耳にすることがありました。

太陽光発電のソーラーパネルに関しては、半導体を使って発電するようになっているので、非常に高い耐久性があります。

したがってメンテナンスをしなくても発電することができるようになっています。しかし太陽光発電システムは、ソーラーパネルだけで作られていると言うことではありません。

屋外に設置されてそのあと10年や20年という期間作動することになります。

したがって自然環境によって不具合が発生したりする可能性が高くなります。

太陽光発電が作動している間に関しては費用が発生すると言うことはありません。

この部分に太陽光が照射されることで、ソーラーパネルが電気を発電し、パワーコンディショナーで直流の電力が交流に変換されて分電盤から家庭の中をめぐって自家使用されるという仕組みになっています。

ここで余った電力に関しては売電メーターで計測されるようになっており、電力会社へと売られるようになっています。

しかし太陽光発電システムの中で維持費が発生する部分もあります。それが定期点検費用やパワーコンディショナーの交換費用、このほかには保証期間が終了した後のパネル保証費用や電気系統トラブルが発生したときの修理費用になります。

またパワーコンディショナーの電気代も必要になります。この中で一番大きな金額が必要になるのはパワーコンディショナーの交換費用になります。定期点検に関しては販売店によって違いがあります。

3000円から1万円程度となっていますが、無料で行っているところもあります。

ソーラーパネルに関しても10年保証が用意されています。パワーコンディショナーは10年以降はいつ交換しなければいけない状況になってもおかしくありません。相場に関しては10万円程度となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です