太陽光発電の原理はどうなっているのか

太陽光発電は太陽の光を利用して電気を作り出すというシステムとなっています。

したがって太陽の光がなくならない限りずっと電気を作り出すことができる非常に環境に優しいものとなっています。

火力発電や原子力発電などの方法もありますが、ここでは二酸化炭素などを排出してしまうので環境にあまり良くありません。したがって政府を初め世界中で注目されているシステムとなっています。

そこで気になるのが太陽光発電の原理や仕組みに関してです。太陽の光だけで電気を生み出すことができると言ってもその仕組みは複雑です。半導体部分に光をあてることで電流を発生させるという光電効果を利用しています。

ここで電気を発生させたからといってこの電気をそのまま電化製品に使うことができると言うことではありません。発生した電気は直流となっているので交流に変換させなければいけません。

そこで利用されているのがパワーコンディショナーになります。パワーコンディショナーの役割は、太陽電池が発生する直流電流を最大限引き出すために制御するようになっています。このほかには交流電力に変換するという役割も果たしています。電力会社からの配電線に悪い影響を及ぼさないために保護装置を内蔵していたり自立運転機能も備えています。停電が発生したときには、1.5kW程度の負荷に電力を供給することもできます。

パワーコンディショナーで交流に変換された電気に関しては、屋内の分電盤を通って家庭の中の電気機器へと供給されるようになっています。ここでたくさんの電力を作り出すことができ家庭内では使い切ることができないと言うことになれば、その分を電力会社に売ることができます。これらの一連のシステムや原理のことを連携運転といいます。

運転に関しては全て自動で行われるようになっています。そしてリアルタイムで発電電力量や消費電力量や売電量や買電量などをモニターで確認することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です