太陽光発電と税金について

太陽光発電を導入したときには、ソーラーパネルを利用して電気を作ることができます。

この電気を家庭の電力としてまかなうことができるのですが、使い切れずに余ってしまうこともあります。

この余ってしまった電気に関しては電力会社に売ることができるようになっています。

これを売電といいますが、発電と共に売電で収入を得ると言うことになります。

太陽光発電を設置して一定以上のの所得が発生したときには、確定申告が必要になるというのをしっかりと理解しておきます。

太陽光発電を導入したときには、系統連結といわれる電力会社へ発電した電力を逆潮流させる手続きを行います。

この手続きを行うことで電力が作られた後に自家使用して残った分が売電されるようになっています。

全量買取制度という制度がありますが、ここでは10年間は1kWあたり37円で買い取ってくれることが保証されています。

したがってシステムを導入することで、必然的に売電収入が発生するという形になっています。

個人事業主や複数の所から所得を得ているという人、このほかには不動産投資を行っているという人がいますが、このような人は毎年確定申告をしなければいけません。

しかしサラリーマンにとってはあまりなじみのないものとなっています。

それは全て勤務先の企業が源泉徴収して税金を納めるという形になっているので、税金を税務署に申告する必要がないからです。

しかしマイナンバー制度が実行されると言うことで、副業で得た収入に関してはしっかりと申告しなければいけないと言うことになります。

したがって太陽光発電を設置して売電収入を得たと言うことになれば、税務署に確定申告をする必要があるのかをしっかりと判断する必要があります。

太陽光発電で確定申告をしなければいけないケースとは、給料以外の年間の所得が20万円を超えた場合となります。ここで注意しなければいけないのは、売電収入ではなくて収入から必要経費を差し引いた所得であるという点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です