太陽光発電と保険について

太陽光発電の設置を考えたときに、保証はどのようになっているのかが気になります。

メーカーによる10年間の無料保証というのが基本となっていますが、火災保険の適用範囲が気になるという人も少なくありません。

火災保険というと火災に対する損害が補償の対象になっていると考えている人がいます。

しかし実際にはそうではないのです。

少し前までは火災の損害だけを対象としていましたが、最近では火災の他に落雷や強風やひょうなどの自然災害も補償の対象になっています。

太陽光発電の設置を考えている人は、このことをしっかりと頭に入れておきます。

太陽光発電では火災保険による損害補償が対象となっています。

しかしこれ以外に住宅や住宅総合というような商品などもあり、その内容は少しずつ異なっています。

太陽光発電ではどちらにも加入することができます。

しかしここで注意しなければいけないことがあります。それは対象となる事象に違いがあるということです。

住宅火災の商品では火災の他に落雷や爆発や破裂や風や雨や雪による損害が補償されるようになっています。

しかし太陽光発電システムの場合には外からの物体の落下や飛来によって設備が損害を受けたり倒壊したと言うことになれば、住宅総合の商品に加入することができます。

住宅総合の商品ではこれらの損害をしっかりとカバーすることができます。

火災保険では建物と家財に関しては別々に契約されるようになっています。

そこでそれぞれの損害が補償されるようになっています。

太陽光発電債ステムが建物に含まれるのか家財に含まれるのかがわかりにくいところですが、ここでの考え方は住宅の屋根にしっかりと取りつけられて移動させることができないと言うことで、住宅や建物に含まれるようになっています。

しかし庭やコンクリート住宅の屋上にパネルを設置して移動できる設備の場合には、家財として考えることもできます。

家財の場合には補償内容に一定の制限があるということを覚えておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です