天候と複雑に関わっている太陽光発電

太陽光発電のシステムを導入する家庭が、急速に増加しています。

しかし導入には高額な投資が必要なので、メリットとデメリットを秤にかけて悩み続けるケースは珍しくありません。

電気は現代的な生活を送るには大切なので、慎重になってしまうのは当然です。そして太陽光発電システムの導入時に最も注目されるのは、年間を通した天候だと言われています。

太陽の出ていない期間が長いほど、電力生成の機会が失われてしまうからです。

逆に晴れの日が続く地域では、電力が生まれる機会が豊富だと言えます。

その考え方は確かに正しいですが、悪天候は必ずしもデメリットではありません。雨が降る事によって太陽光発電システムが恩恵を得る事もあるからです。

家庭に導入する太陽光発電システムは、受光し易い場所にパネルを設置します。具体的には家屋の屋根です。屋根に設置されたパネルを遮る遮蔽物は存在しないので、晴れの日はパネルに光が降り注ぎます。

しかし場合によってはパネルに光が当たっているはずなのに、エネルギーの生成が捗らない事があり得るのです。例えばパネルの上に埃が堆積してしまうと、極端にパネルの受光量は低下してしまいます。

ソーラーパネルはデリケートな機器なので、故障リスクを考えると気軽に扱えません。

ですが雨がよく降る地域だと、パネル上の埃は定期的に洗い流されます。つまり雨が降り易い地域であっても、太陽光発電システムの導入には適していないとは限らないのです。

パネルの埃が堆積する可能性だけを考えれば、雨が降らない地域の方がエネルギー吸収効率が下がってしまう事態もあり得ます。最近の太陽光発電システムのパネルは、埃が付着し難いような構造ですが、メンテナンスを怠れば電力生成量が減ってしまう可能性が皆無ではありません。

以上の様に太陽光発電システムは、天候と複雑に関わっています。要素の一面だけを見てメリットやデメリットだと決めつけずに、様々な視点で物事を考えるのが大切です。それが上手く成されれば太陽光発電システムの導入は成功します。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です