気になる太陽発電の設置費用

太陽光発電の導入を検討している人がいます。

この機器を導入することで、電気を有効に使ったり売ったりすることができるからです。

しかし実際に導入する際にはたくさんの費用が必要になります。したがって安易に考えないようにすることが大切です。太陽光発電の価格を決める際にはいくつかの要因があります。

このシステムには太陽光のパネルにパワーコンディショナーなどの設備が必要になります。またこれらの設置費用から補助金を差し引いたものが実際に導入に必要な初期費用となっています。ここから発電量に売電価格を乗じたものを差し引いてどのくらい回収することができるのかが決まるようになっています。

実際に太陽光発電を導入する際に気になるのが設置費用になります。一般的な住宅の場合、10kW未満の発電量というのが多くなっています。そこで1kWを発電するためにはいくらかかるのかというものが基準となってきます。このほかに保証期間によっても異なってきます。このシステムの買取制度の期間は10年となっています。

したがって10年保証があればとくに問題はないと考えることができます。パネルの価格も大変大きなものとなっていますが、このほかにはパワーコンディショナーやそのほかの設備費用が必要になります。このことを忘れないようにします。システムの設置価格に関しては、家の屋根の状況やパネルの数や設置場所などによって条件が異なってきます。

このほかに工事に際して足場を組まなければいけないと言うこともあります。足場を組む費用などは設置面積の影響が少ないので、出力量が多ければ多いほど面積あたりの単価が下がってきます。国や自治体からは補助金が出るようになっていますが、この金額は自治体によってさまざまです。

都道府県ごとの補助金の他に市町村ごとの補助金が用意されていることがあります。自分が住んでいる自治体に確認をして、どのくらいの補助金が出るか調べておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です